私のオフィスづくり体験談SPECIAL INTERVIEW

SPECIAL INTERVIEW vol.28

樟蔭中学校・高等学校 校長 楠野 宣孝 様・教頭補佐 川浪 隆之 様|オフィスデザイン・レイアウトの評判

生徒たちの自由な発想や学習意欲を伸ばし、未来志向の教育環境を整える新たな空間へ

担当営業:Y. Murao

樟蔭中学校・高等学校 インタビュー

オフィスコムに施工を依頼したきっかけを教えてください。

樟蔭中学校・高等学校 インタビュー

2年程前より視聴覚教室として使用していたこの教室を、ICTルームへ改装する構想があり、徐々に計画を進めておりました。以前は3人掛けの長机を正面に向けて並べていましたが、ご覧のとおりとても広い教室のため、用途に合わせてレイアウトを変えるなどの作業がしにくいのが難点でした。

そこで、ICTルームに変更するタイミングで思い切って学習机や椅子をすべて新しくすることになり、業者さんをいろいろと探しておりました。以前よりお付き合いのある業者さんはもちろん、他校で実績のある大手メーカーにまずは相談したのですが金額面でなかなか折り合いがつかず・・・。ICT機器を減らすか、床の張替えを先送りにするかなどの調整を迫られていたところ、偶然オフィスコムさんのサイトを見つけ、この価格ならばどの要望も諦めることなく理想のICTルームを実現できると思い早速ご連絡しました。

実際のご依頼の内容はどのようなものだったのでしょうか?

まずは学習机と椅子の購入、それとホワイトボードの購入、壁固定の施工、組み立てなどをお願いしました。机と椅子は生徒たちでも簡単に動かせる軽量なもの、ホワイトボードも間仕切りにも利用できる可動式のものを4台購入しました。

樟蔭中学校・高等学校 インタビュー

樟蔭中学校・高等学校 多目的室

樟蔭中学校・高等学校 グループワーク

学習用什器や教室の環境を変えることで生徒たちに変化はありましたか?

樟蔭中学校・高等学校 外観

教育環境の充実は生徒たちの興味や関心にとても影響があると思っています。今回のICTルームの目的は、以前より取り組んでいたICT機器を用いたアクティブラーニングの授業をより活性化させると共に、放課後の自主的な活動の場になることを望んでのことでした。先ほどもお話しましたが、以前は正面一方向のみを向いて授業などを行うため、1クラスが使用した場合、この広い空間の後ろ部分は全く使えないという状態でした。

そこで発想を変え、教室の横部分を使えば2教室同時に授業を行うことが可能になるのではと、思い切って変更してみることにしました。 同時に授業を行う際も壁で仕切るのではなく、ホワイトボードを仕切りのように置くことで互いの様子を感じながら授業を行う取り組みも行っています。別学年や別クラスが同時に使うことで、授業中に騒がないことや、しっかりと集中することなども学べ、生徒たちにとって様々なことを考えるとてもよい刺激となっています。

ほかにはこのICTルームをどのように利用されているのでしょうか?

この夏に改修を終えて、学校として初めて使用したのがフジテレビと共同で行った「ウガンダプロジェクト」のイベントでした。以前より当校が行っていたボランティア活動の一環でウガンダとご縁があることと、フジテレビの2019年チャリティーキャンペーンがウガンダ共和国であることから、共同企画としてこの教室でイベントを行うこととなりました。 生徒たちの活動発表のほか、フジテレビの森本さやかアナウンサーと関西テレビの岡安譲アナウンサーによるトークショーなどが賑やかに行われ、大変興味深いイベントとなりました。このように講演会やイベントなどの大規模な催しから、個別グループでの放課後利用まで、多角的に利用できる素晴らしい空間になりました。

樟蔭中学校・高等学校 グループワーク

樟蔭中学校・高等学校 インタビュー

生徒たちの反響はいかがですか?

大変いいですね。今までは閉ざした空間の視聴覚教室でしたが、明るく解放感もあり、自由に使える点は生徒たちにとっても大きなメリットだと思います。PCを使うほどではないちょっとした調べものや授業中の疑問を、iPadを使用しながらグループで学習するなど、多目的に利用しているようです。移動式のホワイトボードを囲み、自由に意見を書き込みながらのディスカッションやグループワークがここでは自然に行えるのだと思います。

先日も、卒業を控えた高校3年生が「この部屋で勉強したい。卒業までにできるかな?」と言っている場面に出くわしました。学校サイドの自己満足ではなく生徒自身がこのICTルームで学びたいと思ってくれる環境が整ったのだとうれしく思っています。

樟蔭中学校・高等学校 グループワーク

実際の仕上がりを見ての感想もお聞かせください。

グレーの絨毯だったものをナチュナルなテイストのフローリングに改修したので、それに合わせて机の盤面もナチュナルなものを選びました。女子高らしく明るくやわらかな雰囲気の教室に生まれ変わりその点も好評のようですね。

この改修により30~40名での通常授業から100名までの大教室、そして小グループでの利用と多目的に使える新たな空間ができました。生徒たちが自由に机やボードを動かし、工夫しながら、今までよりも活性化した授業や活動が行えると、今後ますます楽しみが広がった気がします。

樟蔭中学校・高等学校 多目的室

オフィスコムへ依頼してのご感想をお聞かせください。

樟蔭中学校・高等学校 外観

当初、依頼した一番の理由は価格でした。イメージしていたデザインの什器がとても良心的な価格で購入できる点、そして大阪天満橋のOMMビルにショールームを構えている点も依頼の決め手になりました。やはりネット販売のみで実店舗を持たない会社には若干不安な部分もありまして、「あのビルにショールームを構えているなら信用できそうだし、何かあればあそこに行けばいい」という安心感も大きかったですね(笑)。

そして、実際にご連絡後に来ていただいた際には、一緒に色々考え、ご提案をいただきつつ空間を作っていただける会社であることがわかり、オフィスコムさんにお任せしようと決めました。固定式のホワイトボードの設置に関しても元視聴覚教室の構造上、難点がありましたが親身にご対応いただき助かりました。また、改修が終わった後でも、こうして営業の方に来ていただけるお付き合いが続いているのはありがたいことだと思っています。

樟蔭中学校・高等学校 インタビュー

樟蔭中学校・高等学校 インタビュー

PAGETOP