オフィスコム

オフィスのあれこれCOLUMN

ホワイトボードの用途別の選び方

ホワイトボードの用途別の選び方

以前に【会議やセミナー用に適したホワイトボード】【予定表の入ったホワイトボードの便利さ】について解説させていただきましたが、今回はホワイトボードの用途別の選び方についてポイントをまとめました。

壁掛けホワイトボードとは

OAフロアの構造分類

ホワイトボードには、主に壁掛け・脚付きといった2種類のタイプがあります。

 

壁掛けタイプは、取り外しが可能でスペースを取らないことが特長的です。
基本的に吊り金具が付属しているので、好きなところに掛けることができ、掲示板としてもおすすめです。また、壁掛けタイプには会議などで有効活用できるプロジェクターで映像を投影可能なスクリーン兼用のホワイトボードもあります。

脚付きホワイトボードとは

パネル構法について

脚付きタイプは、その中でもさらに2つのタイプに分かれていて、普通の脚付きタイプとL字脚タイプがあります。

 

普通の脚付きタイプはL字脚タイプのように壁に付けて使用する必要がなく、キャスター付きなので移動も簡単です。
両面を使えるタイプもあるので会議で多くの書き込みが必要な際におすすめです。

 

一方のL字脚タイプは、ぴったりと壁付きでの配置ができます。脚付きでも固定して使うなら場所を取らないのでこちらのタイプがおすすめです。

この記事は私が書きました

田中 貴大TAKAHIRO TANAKA

「人が活きいきとしたオフィスを創っていく」をモットーに、オフィス環境をより良くするためにオフィスで使用される家具や設備の情報を発信。質が良く、コストパフォーマンスに優れた家具や設備の活用によって、生産性を高めて業績UPに繋がるようにお手伝いさせていただければと思います。

PAGETOP