1. HOME
  2. オフィスでしっかり休憩を取るには
Nov 7,2016

オフィスでしっかり休憩を取るには

休憩を取ってストレスの軽減に

昨今話題となっている過労死についてですが、しっかりとした休憩が取れないことによるストレスも過労死の要因の1つだと言われています。

そこで、オフィス業界に勤める人間の観点から過労死を防ぐための提案を行わさせていただきたいと思います。

オフィスに休憩スペースを設けることが理想

過労死を防ぐ方法として、オフィス内に休憩スペースを設けることが有効とされています。しっかりと休憩し、オンオフを切り替えることによって仕事にメリハリがついて生産性が上がるということは、日本と諸外国の労働生産性を比較すれば目に見えてわかります(日本はバカンスで1カ月の休暇が取れるヨーロッパよりも労働生産性が低い)。

また、普段の業務では思いつかないアイデアもこのような場で生まれたり、業務上ではあまり関わりのない社員とも交流出来たりと、休憩スペースを設けることは会社内に複数の良い相乗効果を生まれさせます。

■オフィスに休憩スペースを設けるなら

【施工型パーテーション】

【施工事例集】

昼休みにしっかりとした

休息ができる椅子

先ほど休憩スペースを設けることについて触れさせていただきましたが、スペース上の問題で休憩スペースを設けられなかったり、休憩スペースはあるけれども、休憩室に入りきれないほど人が常にいるといった事情があると思います。

そんな会社におすすめなのが、寝れる椅子です。

例えば上の画像の椅子のように、オットマン付きでリクライニングできる椅子は、業務中は普通のオフィスチェアなのですが、休憩する際にはまるでベットのように、枕の代わりをするヘッドレストを中心にふかふかなクッションが心地良い眠りを誘います。

【寝れる椅子、ヴィーガ】

休憩をあまり取れない方におすすめなモニターアーム

そもそも休憩自体をあまり取れない方におすすめなのが、モニターの位置を自在にできるモニターアームです。

視線の先にモニターの上辺がくるのが理想の姿勢なのですが、作業に集中すると前かがみの姿勢になっていると思います。

それを解消するのがこのモニターアームで、画面の高さや角度を最適な位置へ移動することによって前かがみになることを防ぎ、首・手首・肩・腰への負担を軽減して肉体的なストレスをたまりにくくします。

【モニターアーム一覧】

ご紹介した商品は、各ショールームにてご覧いただけます。 【ショールームページはこちら】

この記事は私が書きました
田中 貴大 Takahiro Tanaka
「人が活きいきとしたオフィスを創っていく」をモットーに、オフィス環境をより良くするためにオフィスで使用される家具や設備の情報を発信。質が良く、コストパフォーマンスに優れた家具や設備の活用によって、生産性を高めて業績UPに繋がるようにお手伝いさせていただければと思います。
  • オフィスづくり

オフィスの専門家がどんな質問にも丁寧にお答え致します。 お電話でのお問い合わせは
オフィスの専門家がどんな質問にも丁寧にお答え致します。 カタログ好評配布中
2017年2月発行 116ページ! オフィスコムカタログ Vol.5.2 配布中!
THEME
「オフィスが人を呼び、人が人を呼ぶ『集う』オフィスになる」 オフィス家具、施工型パーテーション、ビジネスフォン、回線工事、複合機などオフィスに関わるあらゆることをサポートする1冊です。
Copyright(C) オフィスコム All rights reserved.