オフィスコム

オフィスのあれこれCOLUMN

オフィスのプロが教える失敗しないフリーアドレスオフィスの導入術

御社の社内コミュニケーションは活発ですか?

社内で顔を見かけていても、ほとんど会話を交わさないということはありませんか?
それでは、部署の垣根を越えた意思疎通が図られないため、企業の成長に欠かせない新たなアイデア創出の機会を狭めてしまうことになります。
そのため、社内のコミュニケーションを円滑にするため、職場のレイアウトを見直す「フリーアドレスオフィス」の導入を行う企業が出てきています。

フリーアドレスオフィスとは

OAフロアの構造分類

「フリーアドレスオフィス」とは、職場で社員一人ひとりに固定した席を割り当てず、在社している社員が仕事の状況に応じて空いている席やオープンスペースを自由に使うオフィス形態を指し、1990年代後半から外資企業やIT企業を中心に、導入していきました。

 

元々は、営業などで外出が多い社員の座席を、ほかの社員が使えるようにすることでスペース効率が高めるなどといった、オフィススペースの小規模化によるコスト削減が主たる目標でした。
しかし、近年では、組織に柔軟性を持たせ、社員間のコミュニケーションを活性化させるために、フリーアドレスオフィスを導入する企業が増えています。

フリーアドレスデスクで失敗しないためには

パネル構法について

フリーアドレスデスクの導入には、注意点が必要です。席が決まってないが故に、周りに気を遣いながら席選びすることで、疎外感やストレスを感じてしまい、会社への帰属意識の薄れから最悪、離職に繋がってしまうことがあります。

 

それを防ぐため、カルビーなどが行っている出勤時にランダムで座席を割り振るダーツシステムの導入などが代表されるように、ある一定の枠内での運用を行うことでフリーアドレスオフィスを最大限に活かすことができます。

 

また、フリーアドレスデスク導入を決める際には、説明会などの時間を設けて導入後の流れをしっかりと社員に説明することで、導入後の業務をスムーズに進めることが出来ます。

オフィスコムなら社内コミュニケーションを活発にするフリーアドレスデスクがお買い得価格で手に入ります。
【OAミーティングテーブル】
【STAGEO FREE】
【SNデスク】

この記事は私が書きました

宗田 瞭RYO SODA

オフィスは人間と同様に十人十色全く違ったものです。そのなかでも「かっこいいオフィス」は『人財』を呼び、人財育成も活発になると考えています。そのお客様の「かっこいいオフィス」のブランディングにお役に立てる情報を発信させていただければと思っています。

PAGETOP