オフィスコム

オフィスのあれこれCOLUMN

オフィスの好感度を上げるためにはエントランス作りから

オフィスの第一印象はエントランスで決まります。

エントランスは、お客様がオフィスで一番始めに訪れる場所。即ち、家で例えるならの玄関口です。
他人の家に訪れた時に玄関が雑然としていたら、良い気分がしないのと同様に、エントランスも雑な作りだと、お客様に良い印象を与える事はできません。そのため、各企業とも工夫を凝らしたエントランス作りを行っています。

オフィスのエントランス作りはブランド戦略には欠かせません。

OAフロアの構造分類

各企業とも、コンセプトに沿ったエントランス作りを行っています。
例えば、伝統のある老舗企業であれば落ち着いた雰囲気であったり、成長著しいベンチャー企業であれば、デザイン性の高いクリエイティブなものにして欲しい等、様々なご要望があります。
また、緻密に考えられたエントランスデザインは、効果的に企業イメージを印象付ける事が可能で、広告費用をかけなくても優れたコマーシャル効果をもたらします。最近では、リクルーティング効果を狙って企業スローガンに+αを演出したエントランスが人気です。

 

今や、エントランスが企業ブランドを確立する一因といっても過言ではありません。
【オフィスコムのエントランスの施工事例集】

受付電話機はスタイリッシュな電話機がお勧めです。

パネル構法について

ビジネスフォンと連動させる事で、来社されたお客様と社内のビジネスフォンで通話できる、受付電話機もエントランス作りには欠かせません。
手に取りやすいスタイリッシュな電話機が人気で、デザイン性の高いヤコブイェンセンが多くの企業から支持を得ています。

オフィスコムならヤコブイェンセンの販売はもちろん回線工事も承っています。
【回線工事のお問い合わせはこちらから】

この記事は私が書きました

宗田 瞭RYO SODA

オフィスは人間と同様に十人十色全く違ったものです。そのなかでも「かっこいいオフィス」は『人財』を呼び、人財育成も活発になると考えています。そのお客様の「かっこいいオフィス」のブランディングにお役に立てる情報を発信させていただければと思っています。

PAGETOP