オフィスコム

オフィスのあれこれCOLUMN

ローパーテーションとハイパーテーションの違いとは?

オフィスでパーテーションを設置する重要性

パーテーションはオフィスの様々な場所で活躍します。
デスクワークをするときに他の人の目線を隠して集中力を上げたり、簡易的なミーティングスペースを作ったりすることができます。また、商談をするスペースには情報が外に漏れないように、防音性の高い仕切り(パーテーション)を設置することも重要です。

ローパーテーションとハイパーテーションの違い

OAフロアの構造分類

パーテーションには2つの種類があり、ローパーテーションとハイパーテーションというものがあります。
ローパーテーションの特徴は、低価格で簡単に連結・設置が行えて短納期であることです。5万円ほどあれば、簡易的なミーティングスペースを作ることができます。

 

ハイパーテーションの特徴は主に4つあります。

  • ローパーテーションと違って専門の業者が施工(工事)するため、より良いデザイン性を保ちつつレイアウトプランが立てられることです。
  • ドアや電子錠を取り付けられたり、それによって入退室管理が可能になることです。
  • ローパーテーションよりも圧倒的に防音性が優れていることです。
  • 天井まで壁を打ち付ける為、斜視性が高いことです。

 

ローパーテーションより若干価格は高くなりますが、しっかりとしたミーティングスペースや執務スペースを構築することができるので、従業員の満足度や来客時の信頼度が向上し、商談時の成約率アップにも貢献します。

おすすめのローパーテーション

パネル構法について

■OCパーテーション 木目調タイプ
簡単にオフィスをカッコ良く区切れる木目調パーテーション。直結、L字、T字、コの字型の仕切られた空間が簡単に作れます。
ホワイト(木目調ではありません)、ナチュラル(木目調)、ダーク(木目調)の3色から選べます。また、別シリーズですが半透明タイプも選べます。
【OCパーテーション 木目調タイプはこちら】

 

■3連折りたたみパーテーション
宴会会場やイベントでの待合室などの簡易的な仕切りを作る際に最適なキャスター付きの折りたたみパーテーション。
ストッパー付きなので、お好みの場所で固定もできます。また、素材は布張りタイプか半透明タイプで選べます(布張りタイプは色をブルーかグレーから選べます)。
【3連折りたたみパーテーションはこちら】

ハイパーテーション(パーテーション施工・工事)の施工事例

溝構法について

■全面ガラスで見通しを良くし、来客時はブラインドで簡単に目隠しをできるようにした事例
単に目隠しをできるようにした事例
使用パーテーション:ガラスパーテーション
ガラスパーテーションに開閉式のブラインドを設置することで、状況によってデザイン性を重視するかプライバシー性を重視するかを選べるようになっています。
ガラスパーテーション1枚ごとブラインドを設置しているので、スペースの半分だけブラインドを下げることも可能です。また、顔認証と指紋認証で入室管理も可能にしました。

 

■防音性に優れたスチールパーテーションで、機密性の高い空間にした事例
使用パーテーション:スチールパーテーション
防音性に優れたスチールパーテーションに防音材を充填し、機密性の高い空間にした事例です。また、エントランスの扉にカード式のセキュリティ錠を設置することによって、セキュリティを高めています。

 

■欄間オープンで解放感とコストダウンを行った事例
使用パーテーション:アルミパーテーション
清潔感あるホワイトをベースにブルーをプラスし、空間に広がりが生まれさせて爽やかな雰囲気を演出しています。また、パーテーション内の会話や音漏れをあまり気になさならければ、欄間オープンをお勧めします。
欄間オープンの場合、天井の照明や設備の移設等が少なくて済むので費用を抑えることができます。

使用用途にあわせて、ローパーテーションが良いのか、施工型パーテーションが良いのかをご参考頂ければと思います。

この記事は私が書きました

田中 貴大TAKAHIRO TANAKA

「人が活きいきとしたオフィスを創っていく」をモットーに、オフィス環境をより良くするためにオフィスで使用される家具や設備の情報を発信。質が良く、コストパフォーマンスに優れた家具や設備の活用によって、生産性を高めて業績UPに繋がるようにお手伝いさせていただければと思います。

PAGETOP