オフィスコム

オフィスのあれこれCOLUMN

ミーティングを活性化する会議用テーブルとは?

ミーティングを活性化する重要性

どの会社・団体でも行われるミーティング(会議)という活動ですが、ミーティングをする目的は何でしょう?
ただ、お互いの活動を報告し合う場所でしょうか?数字報告や進捗報告も大切ですが、これまでの行動を振り返り分析し、次のアクションを決定していくことが重要だと考えています。
ネクスト・アクションを決めるに当たって、鍵となってくるのは反省、課題点の洗い出しと、これから行う活動のブレインストーミングです。

 

その2つともに共通して言えることは、ミーティングに参加している方から出来るだけ多くの意見を聞くということが大切だということです。
それは結論が1つだったとしても、その結論を出すのに偏った意見だけで会議が進められてしまうと、偏った結論になってしまう可能性が高いからです。
偏った結論になる会議は使った時間の割にあまり良い結果をもたらさないでしょうし、何より偏った結論にアプローチした人以外は不快感を覚えるはずです。
そういった無駄な時間やストレスを省くことは、どの会社・団体でも求められることだと思います。

一般的な会議用テーブル

OAフロアの構造分類

これは一般的に使用されている会議用テーブルです。
これくらいの人数だとお互いの顔が見えるため、意見を集めることにそこまで支障はありません。しかし、配線を収納する場所がないためパソコン等を使用した会議の場合、机の上がゴチャついてしまい集中力が削がれたり、配線が剥き出しの分、実際に使用できるデスクスペースが狭くなったりとデメリットがございます。

ミーティングを活性化する会議用テーブルとは

パネル構法について

ではミーティングを活性化する会議用テーブルとは何でしょうか?
それは配線を収納でき、丸みを帯びていたり、曲線を描いているテーブルです。

 

前述のように配線を収納できて机の上がスッキリしていれば、配線に気を取られずにミーティングが行えます。
また、丸みを帯びていたり曲線を描いていたりすれば、遠く離れた人同士でも向き合って話し合えるため、会議でも発言がしやすくなります。それは会議の中で多様性が膨らむということに直結し、ミーティングの活性化に繋がります。

おすすめの会議テーブル会議セット

溝構法について

■ミーティングテーブル 舟形タイプ(幅3000×奥行1200×高さ700mm)
落ち着いた木目の色合いの6~8人用エグゼクティブテーブル。中央にはLANケーブルやOAタップを収納できるコンセントBOX(蓋3枚)が付いているため、配線をスッキリ収納できます。
曲線を描いているデザインのため、遠く離れた両端の人同士でも円滑に話し合える設計です。

【ミーティングテーブル 舟形タイプ 幅3000×奥行1200×高さ700mm(税込53,892円) はこちら】

【お得な会議セットもあります。】

 

OAラウンドテーブル 配線ホール付き(直径1200×高さ700mm)
円型でオフィスだけでなく休憩スペースやカフェでも使える4人用テーブル。天板の中央には配線穴があるので、PCなどの機器から延びたコードもスッキリ収納できます。
カラーはオフィスを明るくするホワイトと、優しいナチュラルの2色から選べます。

【OAラウンドテーブル 配線ホール付き 直径1200×高さ700mm(税込21,492円) はこちら】

【お得な会議セットもあります。】

ミーティングテーブルについてご説明をしましたが、使用用途や状況によって使い分けて頂けると良いかと思います。

この記事は私が書きました

田中 貴大TAKAHIRO TANAKA

「人が活きいきとしたオフィスを創っていく」をモットーに、オフィス環境をより良くするためにオフィスで使用される家具や設備の情報を発信。質が良く、コストパフォーマンスに優れた家具や設備の活用によって、生産性を高めて業績UPに繋がるようにお手伝いさせていただければと思います。

PAGETOP