オフィスコム

オフィスのあれこれCOLUMN

オフィスチェア(事務椅子)の素材別特長からの選び方

オフィスチェアの素材別種類

オフィスチェアには様々な種類があります。布張り・レザー・ビニール・メッシュ等があります。
これほど種類が多様化していると、購入時にどれを選べば良いのか迷うと思います。そこでオフィスチェアの素材のポイントをまとめました。

メッシュチェアとは

OAフロアの構造分類

メッシュチェアとは、その名の通りメッシュ加工を施されている椅子で、風を通すようにメッシュ状になっているので通気性が抜群です。
通気性が抜群なので年間を通して蒸れにくく、クッション内にこもりがちな熱や湿気を効率的に逃がしてくれるため、座りっぱなしでも快適に過ごせます。
チェアに快適性や、汗によるべた付きが気になる方にお勧めです。

布張りチェアとは

パネル構法について

布張りチェアはもっともオーソドックスな素材の椅子で、一般的であるためカラーバリエーションも多いです。
一般化されているため、リーズナブルな価格で良い素材の椅子が多いです。
オフィスチェアを選ぶ際に、程よい質感と座り心地を選びたい方におすすめのシンプルな椅子です。

レザーチェアとは

パネル構法について

レザーチェアの視覚的特長としては、光沢感や重厚感のある優雅な存在感があり、社長椅子にぴったりです。
座り心地としては、革だけが持つ特有なしっとりとした質感や、弾力性があるのが特長です。
中にはソファーに使用されている素材を採用している椅子もあるので、デスクワークをゆったりとした感覚で行うことができます。

ビニールチェアとは

パネル構法について

ビニールチェアは、パイプ椅子などの折りたたみ椅子に多い素材で、防水性があり、雑巾で拭いても大丈夫なので手入れがしやすく清潔に保ちやすいため、会議室(ミーティングルーム)等の不特定多数が使う場所に導入しやすい椅子です。

素材感・用途・座り心地をお試しになりたい方は、東京・大阪・名古屋のショールームにてご確認頂けます。ぜひ一度お越しください
【ショールームページはこちら】

この記事は私が書きました

田中 貴大TAKAHIRO TANAKA

「人が活きいきとしたオフィスを創っていく」をモットーに、オフィス環境をより良くするためにオフィスで使用される家具や設備の情報を発信。質が良く、コストパフォーマンスに優れた家具や設備の活用によって、生産性を高めて業績UPに繋がるようにお手伝いさせていただければと思います。

PAGETOP