小規模オフィスをデザインする際に参考にしたい、2つのポイントとは

   

小規模オフィスをデザインする際に参考にしたい、2つのポイントとは

オフィス移転やリニューアルはオフィスデザインを見直す良い機会です。
お客様への第一印象を良くする、優秀な人材の確保(採用)と流出防止(離職)など社外に向けたブランディングを高めたいのであれば絶好のチャンスです。
そこで今回は小規模だからこそ、こだわれるオフィスデザインのポイントについてご紹介します。

小規模オフィスのメリット・デメリット

小規模オフィスの最大のメリットは、コストを掛けずにオフィスを設えることができるという点です。
賃料が低く抑えられることはもちろんですが、人数も少ないために用意しなければならない家具や備品の数も比較的少なくてすみます。

そのため、結果的に必要なコストを抑えることができます。
また、家具や内装のイメージが統一しやすいという点もメリットです。
限られた空間だからこそ素材や色がバラバラになり、統一感がなくなるといった危険は最小限に抑えられます。
揃える家具も多くありませんので、全体のバランスを考慮した選定がしやすいのではないでしょうか。

反対に、小規模オフィスのデメリットです。
オフィスには、その機能性から必要なスペースがたくさんあります。
また、必要に応じてパーテーションで空間を分けなければならないこともあります。

しかしながら、限られた空間ではすべての要望を満たすことはできません。
何を優先し、何を犠牲にするのか、この悩みこそが小規模オフィスの最大のデメリットといえるのかもしれません。

まずはオフィスのデザインコンセプトを決めよう

エントランスイメージ例
エントランスはお客様に企業のメッセージが最初に伝わる場所です。暖色系の壁面、床、ダウンライトは暖かくお客様を迎えてくれるように感じます。
エントランスイメージ例
こちらの事例は、落ち着いた雰囲気でお客様を迎えてくれる印象があります。引き締め色のブラックはかっこよく見せるクールカラーですね!

オフィスをデザインする前に、オフィスからどんなメッセージを発信したいか、どんなテイストの空間にしたいのかを決める必要があります。
お客様や求人応募者など、社外の人の心に残るインパクトのあるオフィスデザインを実現したいならば、デザインコンセプトをしっかりと決めることが重要です。

ぼんやりと「かっこいいオフィスにしたい」というイメージだけでデザイン性の優れたブランド品のデスクやチェアを配置しても、オフィス全体の雰囲気が統一されていなければ、その価値を活かすことはできません。

「植物や自然光を上手に取り入れ、自然を感じられるナチュラルオフィス」、最近の流行である「ブラックやダークカラー、スモーキーカラーなど明度の低いアイテムを取り入れたブルックリンスタイル」など、まずはデザインコンセプトを決めて、それに合わせた内装や家具をデザインに取り入れましょう。

また、オフィスは空間の雰囲気だけではなく、機能的であることも重要なポイントです。
できれば、機能や使い勝手についても社員間のコミュニケーションが活発に行われる」「リラックスした雰囲気で仕事ができる」などのコンセプトも同時に決めるとよいでしょう。

小規模オフィスのデザインのポイント

1. パーテーションと収納を兼用した家具の活用

小規模オフィス 棚収納
小規模オフィスではパーテーションと収納を兼用にしてスペースを活用することは有効な手段です。
壁面収納
壁収納としても設置いただけます。1列・2列・3列・・・と連結して使用できますのでオフィスのスペースに合わせて調節します。

小規模オフィスのデザインやレイアウトを考えるのはとても難しいものです。
大規模なオフィスとは違って、限られたスペースに使用目的に応じた機能的な空間を設えなければなりません。

だからこそ、小規模オフィスのデメリットである「悩み」を知恵とアイデアで解決し、こだわり抜いたオンリーワンのオフィスを形にしていきましょう。

一例ですが、収納スペースの不足は壁面を上手にデザインした造作棚を設置、また一つのスペースに複数の機能(来客&打合せなど)をもたせた空間利用など、限られたスペースを有効に活用する方法はいろいろあります。

オフィスのデザインは、細かいところまでこだわってこそ統一感のあるオフィス空間ができあがります。
確かに家具や内装のイメージが統一しやすいという点は小規模オフィスのメリットですが、気に入ったデザインや色の家具を選んだためにミスマッチになってしまうことがあります。

室内の内装と家具がうまくマッチしなければ、イメージした空間にはなりません。
どこか一部にだけこだわるのではなく、オフィスデザインの力で調和の取れた理想のオフィス空間を作りましょう。

2. 視線を遮らないことで空間を広く見せる

小規模オフィスで窮屈感を感じるのは視線を遮るから

パーテーションのような視界を遮る物がなく「抜け」があるので空間が広く見えます。

小規模オフィスでは、視線が遮られ、どうしても窮屈に感じてしまうことがあります。業務ストレスにも繋がり、社員が快適に仕事をこなすことができなくなってしまいます。

そんな時に意識をしたいのが、パーテーションなどをうまく配置し、視線を遠く持っていくことで「抜け」を作ることです。同じスペースでも、視覚効果によって広く感じることができます。

収納キャビネットを選ぶ時でも、着席しながらでも視線を遮らない背の低いものを設置すると良いでしょう。詳しくは、「小規模オフィスで参考にしたい、パーテーションになる木製キャビネット」を参考にしてください。

ゾーニングの考え方も意識しよう

機能的で使い勝手のいいオフィスを実現するには、ゾーニングも重要なポイントです。
ゾーニングとオフィススペースを区分けしていく作業のことを指します。

執務エリアや会議室、リフレッシュスペースをどこに配置し、また収納庫やコピーなどの事務機器をどこに配置するのが適切かなど、実際に業務を行う社員の動線や使い勝手に配慮しながら決めていきます。

小規模オフィスは、その限られた空間に効率よく備品を配置していく必要があります。
先ほど述べたように、壁面を使って収納スペースをつくる、一つのスペースに複数の機能(来客&打合せなど)をもたせるなど、ゾーニングをデザインに上手に反映させ、かっこいいだけでなく、使い勝手よく、業務効率をあげられるオフィスを目指しましょう。

関連記事
小規模オフィスにおけるオフィスレイアウトの基本的な考え方とは?

小規模オフィスだからこそ家具にはこだわる

小規模オフィスだからこそ家具にはこだわる

小規模なオフィスだからこそ、その空間に配置される家具は存在感を発揮し、空間全体の雰囲気を左右する重要なポイントです。

オフィス移転やリニューアルには多くの段取りが必要ですので、家具の選定にまで目を向けることは難しいかもしれません。
しかし、そこで妥協してしまうと人の心に残るインパクトのあるオフィスデザインは実現できません。
だからこそ、「これでいい」ではなく「これがいい」という選択をしてコンセプトに適した家具を採用しましょう。

移転から内装デザイン・施工までワンストップで請け負っている会社に相談することで、面倒な作業はまかせてしまい、オフィスデザインを考えることに集中できる時間をなるべく多く割きたいところです。

 

PAGE TOP