オフィスデザインを行う3つのメリットを分かりやすく解説

   
オフィスデザインを行う3つのメリットを分かりやすく解説

私たちが働くオフィスは、これまで「機能性」を優先して「デザイン性」については軽視されてきた面があります。確かに仕事をする上で「デザイン性」よりも「機能性」を優先することは必要かもしれませんが、近年は、その「デザイン性」に着目する企業も多くなってきています。オフィスデザインに目を向けることは、企業にも多くのメリットが生まれることがわかってきました。そこで今回は、オフィスをデザインすることのメリットについてご紹介します。

オフィスは第一印象が大切

株式会社クロスアーキテクツ 様

株式会社クロスアーキテクツ 様

人に初めて会う時、営業がお客様に訪問する時など「第一印象が大切」といわれていますが、それは人だけの話ではありません。オフィスを訪れた瞬間に感じる「何か」もとても大切です。エントランスやオフィス内の通路に荷物が積み上げられていたり、会議室や応接室のテーブルや椅子が傷んでいたり・・・そのような状態のオフィスを訪れた時、その会社に対して不安な気持ちになりませんか?やはり、明るく気持ちの良いエントランスや清掃され、整然と整理されたオフィスを訪れた時にお客様を迎える気持ちが感じられるのではないでしょうか。良好なパートナーシップを築き、お互いに良い仕事をしたいと考えるのであれば、オフィスデザインの力で会社の第一印象を高めることはとても大切です。

オフィスデザインは人材確保や流出防止に効果あり

オフィスデザインは人材確保や流出防止に効果あり

企業は、常に優秀な人材の確保(採用)と流出防止(離職)に心を砕いています。優秀な人材を確保するために求人広告や会社説明会など、多大なコストと労力をかけています。近年の求職者が企業を選ぶ理由として、職場環境に対する優先順位が高いという結果もでています。その観点からみてもオフィスのデザイン性は非常に大切であり、快適なオフィス空間を設えた企業であれば人材が流出するリスクも軽減できます。採用時にかかるコストを考えると、オフィスを少しデザインしてきれいにすることで優秀な人材が確保でき、流出防止につながるのであれば、その費用対効果は高いのではないでしょうか。

モチベーションを高め、生産性を向上させる

オフィスをデザインして快適な環境を作ることは、社員のモチベーションを高めることにつながります。1日の生活において3分の1をオフィスで過ごす私たちにとって、自分の能力を発揮し、良い仕事をするためにも仕事をするオフィスが快適に過ごせる環境であることはとても重要です。社員が快適に過ごせる「デザイン性」を持ったオフィスは、社員のモチベーションアップを促し、それはそのまま生産性の向上に結びつきます。これは、企業にとって大きなメリットいえるのではないでしょうか。

コミュニケーションを活性化させる

企業において、社員間のコミュニケーションが活発に行われると新しいアイデアが創出される、個々の課題解決を早めるといった効果を生み出します。そのようなコミュニケーションが活性化された状態を作るうえでもオフィスのデザインは役立ちます。会議室におけるフォーマルなコミュニケーションからリフレッシュスペースやマグネットスペースにおけるインフォーマルなコミュニケーションまで、それぞれの目的に応じた快適な空間を設えることは、社員間のコミュニケーションが活性化し、業務効率のアップや個々の創造性を引き出すことにつながります。

オフィスからメッセージを発信する

オフィスからメッセージを発信する

オフィスは、企業理念や経営方針、社員への想いなどを表現するツールです。その意味では社内外に対して影響力のあるメッセージを発信する場でもあります。オフィスをデザインすることで、クリエイティブな仕事をする企業、人材を大切にする企業、革新的な技術を追求する企業など、それぞれの企業の特色やイメージをオフィスから発信できます。

オフィスにはメディアの役割がある

オフィスの「デザイン性」を高めることは、そこで働く社員のモチベーションをアップさせ、生産性を向上させます。さらには、対外的なブランディング効果も望めます。近年は、経営戦略としてオフィスをリニューアルする企業も増えてきています。なぜなら、「オフィスデザイン」は企業の文化や姿勢、目指すところを表現する役割を担っており、社員だけではなく、社外に対してもそれを伝達できるメディアだからです。これからは、オフィスがメディアであることを意識したオフィスデザインを行うことが重要です。

 

PAGE TOP