仲間を見る

インタビューINTERVIEW

産休後は
仕事がスキルアップできたことを
実感しつつ、周囲にも感謝!

カスタマー業務・受発注業務カスタマー事業部 / 大澤

2013年11月から2015年2月まで産休をとっていたと伺いました。産休前後はどんなことが大変でしたか?
実はこの会社では今まで産休を利用した社員がいなくて、私が最初の産休制度の利用者となりました。事例がないため、私と総務担当者、そして上司の三人で、産休制度の細かい点を検討し、新たに制度を作成したため、すべての工程が試行錯誤でした。他社の制度を参考にしたり、知り合いから話を聞くなどの手探り状態でしたが、無事に産休を終え、元の部署に復職することができました。入社面接の際に「結婚し子どもができても仕事は続けたいと思っています」と話したら、社長から「じゃあ我が社初の産休経験者になるかもね」と言われて、まさにその通りになりました(笑)。
仕事と育児の両立で難しい点は?

私が働いているカスタマー事業部は、お客様からいただいた注文を手配することが主な業務となります。ただ、何件もお客様の担当を持ってしまうと時間的にも何かと不具合が出ることがあり、復職後は新人教育や制度面を整えるなどの裏方にシフトさせてもらいました。

定時に帰宅できよう会議の時間を調整してくれるなど、周囲のサポートのおかけでフルタイムの仕事を続けられる一方、復職後に一番変わった点はなんといっても仕事の効率がアップしたこと。定時に帰るために、そして子どもの病気などで急な休みを取らなくてはならない場合に備えて、仕事の効率を最優先に仕事をするようになりました。仕事に対して受け身ではなく、まずは一度自分の中で整理し、優先順位の高い順から仕事をこなすようになりました。結果、以前より仕事に集中できるようになり、スキルアップが可能となりました。仕事と育児は確かに忙しく大変ですが、会社のスタッフたちが本当に温かくサポートしてくれるので心強く安心して仕事と育児に取り組むことができています。

いまでは4人が産休を経験し、より制度もバージョンアップしているので女性が働きやすい環境が整ってきているのも、産休第一号としてはうれしいですね(笑)。

一日のスケジュールSCHEDULE

9:00 出社 メールチェック 朝礼 担当業務の進捗を確認します。
10:00 注文処理 お客様から頂いたご注文の処理をします。
12:00 発注業務 自社倉庫や取引先メーカーに発注依頼をかけます。
13:00 昼食 お昼は会社周辺へ楽しくランチ。
14:00 社内会議 改善点や業務内容の見直し。活発に意見交換。
15:00 問い合わせ対応 社外の問い合わせの対応をします。
16:00 注文処理 お客様から頂いたご注文の処理をします。
18:00 退社 翌日の準備を終えて退社します。

他のメンバーを見るOTHER MEMBER