1. オフィスデザイン・オフィス移転TOP > 
  2. オフィスサービス > 
  3. 喫煙ブース > 
  4. AirQlean Low 115 Table

AirQlean Low 115 Table

濾過方式を使って室内空気を捕集、浄化した後周辺環境に再循環させる据置型空気清浄機です

  • 喫煙ブースのAirQlean Low 115 Table

    AirQlean™Lowは、最先端の濾過方式を使って室内空気を捕集、浄化した後周辺環境に再循環させる据置型空気清浄機です。        
    ごく微量の有害煙ガスや粒子の成分をも捕らえ濾過する高性能な機能を備えています。

    喫煙室に設置することでタバコ煙を拡散せず空気を濾過し 喫煙室の内外の空気の質が大幅に改善されることをお約束します。

    各ユニットには出力レベルの無線設定ができるリモコンが付属しています。

    • タバコの煙と臭いを完全浄化
    • 高速気流、7段階でスピード調節可能
    • リスク排除のための防火機能
    • 長期的なパフォーマンスを保証

    喫煙本数:6,000本
    サイズ:約(W)1,087×(D)2,170×(H)699(mm)

  • 喫煙ブースのAirQlean Low 115 Table喫煙ブースのAirQlean Low 115 Table
  • 喫煙ブースの快適環境
  • タバコの煙と臭いを完全に除去し、
    快適な空気環境を提供します。

    クリーンエアの分煙キャビンは捕集が困難とされるタバコ粒子をほぼ 100%捕集します。※1
    厚労省が定める環境基準では喫煙室内の粉塵量は0.15mg/m3 以下とさ れていますが、分煙キャビンの浄化能力はこれを大きく凌駕することが、 国内の第三者研究機構により確認されています。※2
    また、従来の分煙技術では困難であったタバコの煙固有のガス状成分についても、独自に開発したガスフィルターによりほぼ100%除去することが確認されています。※3
  • ※1 粉塵の捕集率99.99966%(0.87〜0.11μm)スウェーデン王立研究所2004年3月26日実施
  • ※2 喫煙時の浮遊粉塵量60分平均0.0025mg/m3  株式会社住化分析センター2010年5 月26日実施
  • ※3 ガス状成分の捕集率 99.9%以上(テストマーカー:3エテニルピリジン・ニコチン)スウェーデン王立研究所2005年7月6日実施

仕様

モデル
AirQlean™Low 115 Table
材質
アルミ/ガラス/スチール
サイズ
幅:1,200mm
奥行:1,152mm
高さ:415mm
重量
99kg
メンテナンスの頻度
12,000本/サービス
処理風量(推奨)*1
450㎥/h
その他
遠隔コントロール スタンバイ0、レベル1-7
  • MPPS(最も透過性の高い粒子径)の粒子の透過性95%(EPA 11)
  • ニコチンなどのタバコ特有のガス状成分の透過率ほぼ100%*2
  • 電源供給:省エネモード9W/通常モード20-145W
  • エネルギー消費量:平均9年間消費量=429kW(レベル5)
  • *1 スピードレベル7段階の5レベル
  • *2 ニコチン99.8%、3-エテニルビリジン99.1%減少、2018年5月15日第三者機関による調査を社内で分析
  • *3 AirQlean Lowは常にアース付きコンセントに接続する必要があります。

オフィスコムなら厚生労働省が通知している
喫煙ブースの条件を全て満たします

喫煙ブースの設置ならお任せください!「相談・施工・アフターフォロー」までワンストップ対応!

製品紹介

キャビンソリューション

ファシリティソリューション

喫煙ブースのクリーンエア・スカンジナビアTOPへ
喫煙ブース
喫煙ブース

導入までの流れ

喫煙ブース 導入までの流れ

よくある質問

喫煙ブースレンタル

設置が出来ない地域はありますか?
「神奈川県・兵庫県・沖縄県の一部地域(那覇などの中心部のみ設置可能)・離島」は設置不可の地域となります。
「神奈川県・兵庫県」は県の条例との兼ね合いでご対応いたしかねますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
喫煙ブースの購入金額はどのくらいでしょうか?
レンタルのみの提供となっております。ご利用人数に応じてご提案いたします。
喫煙ブースをレンタルした場合の製品の所有権はどこになりますか?
クリーンエアです。従ってお客様が減価償却を行う必要はございません。
喫煙ブースをレンタルを推奨する理由は何ですか?
製品の性能を導入時のレベルに維持するためには、専門知識を持った技術者が定期的に製品の状態や利用状況を管理する必要があります。また、将来のたばこ環境が変化することが予測しにくい現状では、購買による喫煙ブースの導入はリスクが高いと考えております。
喫煙ブースの導入は簡単なのでしょうか?
組み立て式なので、通常の現場であれば2-4時間で設置も可能です。
喫煙ブース設置の作業費用はいくらぐらいかかりますか?
レンタル価格に含まれております。設置の作業費用は追加で発生しません。
▼ 詳しくはお問い合わせください。

製品について

クリーンエアの喫煙ブースの灰処理システムはどういうものですか?
弊社の「耐火灰処理システム(特許)」は、タバコの鎮火のために水は一切使用しません。そのため、環境に配慮したシステムとなっております。
喫煙ブースの設置に必要な設備はなんでしょうか?
屋内で100V電源があれば、基本的にはどこにでも設置が可能です。
喫煙ブース設置にはどのような工事が必要ですか?
設置工事は特に必要ありません。屋内で100V電源があればどこにでも設置が可能です。設置場所付近にスプリンクラーがある場合、地域によっては消防署の指導でスプリンクラーや感知器の取り付け工事が必要になる場合があります。
オフィス移転等の際に分煙機の撤去に原状回復工事は必要ですか?
建物や内装にヤニが付着しないので、一般的な喫煙室のようにクリーニングや原状回復工事を行う必要はありません。
▼ 詳しくはお問い合わせください。
喫煙ブースを屋外に設置することは可能ですか?
屋外に設置する場合は、雨風の影響を受けない場所や設備が必要です。
ドアが無くてもタバコの煙が漏れないのでしょうか?
タバコの煙が拡散する前にフィルターで捕集するため、漏れる心配はありません。また、髪の毛や衣服にもたばこのニオイが付着しないため、サービス業の方々にもご好評をいただいております。
喫煙ブースのカスタマイズは可能でしょうか?
内装に合わせて変更することは可能です。別途費用が掛かります。詳細はお問い合わせください。
クリーンエアの分煙機は加熱式タバコも喫煙可能なのでしょうか?
加熱式タバコにもニコチンが含まれるので、有効な方法です。
実際に分煙機の製品を見ることは可能でしょうか?
クリーンエアのショールームで製品をご覧になることができます。
また、ショールームにお越しになることが難しい場合は、最寄りの導入先で見学可能な場所をご案内することも可能です。
▼ 詳しくはお問い合わせください。

メンテナンスについて

喫煙ブースのメンテナンスは必要ですか?
製品の性能維持管理メンテナンスは弊社で行っております。お客様ご自身でのメンテナンスは必要ありません。
メンテナンスの頻度はどれくらいですか?
通常3ヶ月置きにメンテナンスを実施いたします。ご利用頻度によって別のメンテナンスプランもご用意しております。
メンテナンス費用はいくらくらいかかりますか?
ご利用状況に応じて変動いたします。ご相談ください。
緊急時の対応は可能でしょうか?
緊急時の対応窓口をご用意しております。
自分でメンテナンスを行うことは可能ですか?
製品性能を100%維持するために、弊社のメンテナンスのみで対応させていただいております。
▼ 詳しくはお問い合わせください。

分煙対策について

オフィスに喫煙室を設置したいのですが、換気扇や空気清浄機の設置だけで問題ないでしょうか?
換気扇や空気清浄機だけでは分煙対策としては不十分な可能性があります。
喫煙室から発生したタバコの煙が漏れないようにしたい
煙が漏れなくするためには専門的な知識が必要になります。ご相談ください。
飲食店の分煙対策に必要なものはどのようなものですか?
2020年4月から原則屋内禁煙(喫煙専用室または指定たばこ専用喫煙室内のみ喫煙可)となります。
ただし、経営規模の小さな飲食店は経過措置として喫煙可能室の設置が可能です。
▼ 詳しくはお問い合わせください。

  • 会社名(屋号)必須
  • お名前必須
  • 電話番号必須
    - -
  • 住所必須
  • メールアドレス必須
  • お問い合わせ内容
以下事項をご確認の上、同意いただく必要があります。

プライバシーマーク

個人情報を扱う箇所の通信には【SSL技術】を使用しています。

※メールの送信が出来ない場合は、お手数ですが下記メールアドレス宛に直接お問い合わせ下さい。

PAGETOP